ULTRA CUB×Moccobondのエキサイティングボロフェスタ!

京都のミュージック・フェスティバル【ボロフェスタ】の新鋭ホストバンドULTRA CUBとMoccobondによるエキサイトなブログ連載がスタート! 今年のボロフェスタを作りながら、見どころや楽しみ方を紹介していくブログになる予定です。 ボロフェスタHP→http://borofesta.jp/ スタッフ募集→http://borofesta.jp/wanted/ ボロフェスタ チケット→http://borofesta.jp/ticket/

最終回 俺たちのボロフェスタ。

京都で開催されるミュージックフェスティバル【ボロフェスタ2018】
今年のボロフェスタをさらに盛り上げるため、新鋭ホストバンドに抜擢された2組のバンド。
京都からULTRA CUB、そして大阪からMoccobond。
2組ともボロフェスタ初参戦。一方で全く接点のなかった2組でボロフェスタを盛り上げたい。そのためにはどうすればいいか。
をテーマにブログを書いてきました。

このブログ記事もついに最終回です。仕込みも始まり、いよいよ今週末にはボロフェスタが始まります。

その中でMoccobondULTRA CUBが自分たちの今のライブの見所、良さを話しつつ、ホストバンドに指名されてから今までの心境、想いの変化。そしてボロフェスタへの意気込みを語ってもらいました。

 

それでは、最終回!!行きます!

 

ULTRA CUB×Moccobondのエキサイティングボロフェスタ

 

 

まずはULTRA CUBの見どころから

 

《カーミ》俺たちは本当に曲がいいと思う。

《稲毛》曲の中で一番注目して欲しいのはあるの?

《カーミ》わかりやすく、サビで拳が上げやすい。そしてBPMが速い。

《稲毛》そこなの?笑 俺、一番は歌詞とメロディーかな。

《カーミ》全力で生きてる俺たちの歌詞だからな。

《稲毛》ライブはすべてのエネルギーを放出してるような感じかな。だからこそ、元気ない人とか嫌なことあった人が見たら笑顔になれるような、エネルギーを分けれるようなライブしたい。

《カーミ》笑い飛ばしてくれていい。

《稲毛》そうだね。BPM速すぎて「何してんの!?」ってなって笑ってくれるのもいい。

《フジタ》自由に見てもらうのが一番いいですよね。

《稲毛》とにかくメロディーが綺麗で。過ぎ去っていく瞬間の中に美しいメロディーが儚く存在すること。そして歌詞はものすごく共感できるものではないけどグッとくる生々しさみたいなものがあるな。泥臭さみたいな。その熱量と美しさの共存をどれだけ伝えれるかを考えてるなあ。

《カーミ》みんなの青春になりたい。たくさんの人が来て楽しんでほしい。

 

そしてMoccobondの見どころ 

 

《ニシケケ》モッコーはメンバーが抜けてから2年ほど自分たちの音を探し続けてきた。がむしゃらにやってきて暗中模索の中もぐらさんが見てくれて今に繋がってきているかなあ。

《サトウ》今の編成になって一番こだわってるのは音かなあ。全員が一人以上の働きをして創りあげている。

《ニシケケ》一般的なスリーピースの枠組みじゃないけど、この3人だからできてるものを見て欲しいな。

《松川》私も音は本当にこだわってるな。でも私たちがこだわっている以上に良いパフォーマンスをするバンドはたくさんいる。ボロフェスタではだからこそあえてそこに殴り込みに行きたい。自分たちのやり方で内に秘めたる熱量が外に伝わるようなライブがしたい。

《ニシケケ》正直、最近褒められて自分たちを過信してたところがあった。でもナノボロで見たバンドがみんなとてもかっこよくて少しへこんだ。リスペクトを込めて1ミリでもその人たちよりかっこいいライブをするにはって考え続けて、誰よりも音楽的なライブをすることなのかなって答えにたどり着いた。

もし歌詞やメッセージ性が全く聞こえなくてもあなたの味方だよって伝わる空間を作りたい。これは松川が言ってたことだけど、自分たちと同じような人たちも見つけたい。

《松川》私はやっぱりそのために音楽をしていると思ってる。

《ニシケケ》私はその言葉が本当に好きで、それをずっと糧にして音楽を続けているかな。

 

 

自身のバンドへの想い。その上でボロフェスタへと至る道中で感じる心境の変化。

 

《フジタ》最初は、ホストバンドやボロフェスタの全貌がわからなかった。いざナノボロの仕込みをやってみると、思っていたよりやることが多すぎて全く追いつかなかった。でもその中でみんながどんな思いでスタッフをやっているか、他のフェスに比べて自分たちでほぼすべてを作りきるDIY精神にあふれてることを知った。そういう意味で本当に作ってる人たちの顔が見えるフェスだということがわかった。ナノボロでは、自分たちらしい前に前に進んで行くようなライブができたと思ってる。でももちろんボロフェスタに出るにあたってそこで満足しちゃいけない。ボロフェスタでは、一緒にボロフェスタを作ってる人たちステージからを見ることができる。俺らがボロフェスタのホストバンドってのが見えるライブをしたい。

 

《松川》私もホストバンドとはどんなことをするのか全然わからなかった。だからこそ土龍さんに声をかけられた時、やります!っていう言葉しかでなかった。そんな私がナノボロでは物販のリーダーを担当した。でもそれが決まったのは会議中に前触れなく、指名が入った。その瞬間にボロフェスタがいかに凄まじい勢いで動いているフェスなんだろうって驚いたな。人生で初めてのリーダーということもあり、当日はずっと緊張してた。そのせいか、ライブも緊張してしまった。

ですが今回のボロフェスタではKONCOSとタイムテーブル丸かぶりしていてること。これは挽回して最高のライブをするチャンスだなとも思えた。演者としてもスタッフとしても行動をシミュレーションして万全の準備をしていきたい。

 

《稲毛》僕はナノボロではみんなよりは緊張してなかったかな。ナノボロでは転換時間にスタッフの方が少しずつ増えていくのがすごく嬉しかったな。自分たちのことを知らない方に見てもらうこともとても嬉しいし大事なことだけど、ボロフェスタを一緒に作ってる仲間が見てくれるのも同じくらい嬉しい。一緒に作ってきた仲間がどんな顔をしてみてるんだろうとかどんな気持ちを伝えれるかを考えるのがすごい楽しくて。ナノボロではULTRA CUBはトップバッターで、1日の始まりを祝福できるような最初の一音をどんな気持ちで演奏するかってことだけ考えてたな。

そしてボロフェスタでは、もっと熱量を伝播させれるようになりたいな。まず自分たちが燃え尽きるくらい熱量を帯びて、それがボロフェスタ全体に伝わっていくようなライブがしたい。

 

《サトウ》俺はナノボロが音楽に向かう姿勢が変わるきっかけになった日だった。スタッフもお客さんもハッピーな場に対して、燃やし方が自分は分からなかった。でもこの日のライブを通じて自分の精神や演奏に向かう姿勢を自分自身でコントロールできるようになるきっかけだった。あとはスタッフがみんなかっこよくて、楽しそうでキラキラしてた。みんなの力で成り立ってるなと感じた。学生時代はみんなで一緒にやる行事に参加するのは苦手だった。それはどこまで行っても身内のことだから。でもボロフェスタは、主催の方やスタッフのやりたい想い、いわば中の行動が外に向いてるっていうことが本当に素晴らしいと思う。

 

《ニシケケ》最初ナノボロの頃はMoccobondは馴染めてなかったかなあ。アウェイ感を感じてた。ナノボロでのライブは3人ともちゃんと楽しめてないんじゃないかなって感じてた。でも、ミナミホイールでフライヤー配ったことがきっかけで変わったかな。ミナミホイール最終日にライブした時にスタッフのみんながきてくれた。その日からスタッフの人たちに声をかけられるようになった。本当の意味で人のことを好きになってきたと思う。一生懸命にやっている人を全員リスペクトしてる。

 

《カーミ》ナノボロでどんなライブをするか考えた時、ナノボロを背負うライブがしたいなって思ったりもしたけど、やっぱ無理だなって思った。俺の好きなようにやるつもりだった。でもライブ中に一緒に作ってきたスタッフの顔を見てたら今まで感じたことない感情が湧いてきて。いつも見てくれる人への感謝の気持ちはあるけど、それとは別で、この人たちの気持ちを背負ってライブしたいって思えた。その気持ちを持ったライブはそれまでで最高のライブができたと思ってる。全く新しい視点が生まれた日だったな。そしてこないだ全感覚祭でフライヤーを配りに行った時に主催のGEZANとTHE GUAYSが走り回ってめちゃくちゃ働いてた。その主催のGEZANのライブが本当にすごかった。永遠にカタルシスを感じてた。全部を背負って取り憑かれたようなすげーライブしてた。ボロフェスタのホストバンドとして関わった視点でこのGEZANのライブを観れた。だから俺は街の底でボロフェスタを背負うライブをするつもり。俺の中のボロフェスタをすべて爆発させる。それは今年スタッフとして関わったこと、京都に住んでからのボロフェスタへの憧れや想いのすべてを背負って爆発させるようなライブをする。

 

全員にとって、大きな転機になっているボロフェスタ。ライブをするのが本当に楽しみです。

最後に一言ずつ、皆さんにメッセージです。

 

《フジタ》ULTRA CUBは28日街の底STAGE13:05から。いつもライブに見に来てくれる人、初めて見に来てくれた人、ボロフェスタに来てくれた人たち全員に僕たちの熱量を伝えていきたい。ヤバいライブして街の底から、僕らがボロフェスタのホストバンドやってところ魅せにいきます。

 

《松川》ボロフェスタの3日間、本当に体が足りないくらいの怒涛の顔ぶれですが、しっかり楽しみつつ、ぜひ我々ホストバンドのライブも見に来てください。拳を握りしめるぐらい熱くなってしまう音楽で、あるいはお祭りの後の寂しい気持ちにも優しく寄り添う音楽で、今年のボロフェスタをより感動的なものにします。ご期待ください。

 

《稲毛》最高の3日間がいよいよ始まります。皆さまには最高の瞬間を伝えられるように精一杯すべてをやりきります。退屈な時間なんて1秒だってないんですよ。ボロフェスタでの最高のステージの1つをお見せすることを約束します。

ボロフェスタに関わる全ての人の笑顔のためにすべてを捧げます。一緒にぐちゃぐちゃになりましょう。

 

《サトウ》ホストバンドとしてボロフェスタの中に入ってみて僕は確信しました。

これは最高のフェスです。全てにスタッフ達の想いがこもっています。アーティスト達もそれに応える素晴らしい演奏します。もちろん僕らも!なんて最高なんだろうか。

Moccobondはどちらの気持ちも味わえて贅沢者です。皆さんにもこの気持ちを分けてあげたい!最高の3日間を過ごしてください!お待ちしてます!

 

《ジョーザキ》京都で暮らし始めて、ロックバンドを始めて7年目の今年、始めてボロフェスタに出演します!なにからなにまで手作りのミュージック・フェス、特別な瞬間ばかりになること間違いなし!ULTRA CUBの一員として、この日この場所でしかできないステージを約束します!あとは楽しむだけ!よろしく!

 

《ニシケケ》ボロフェスタに毎年通って下さってる方、初めての方、まだ迷ってる方、ボロフェスタが好きな方、働き者のスタッフのみんな、出演者のご家族の皆様、その他全てのボロフェスタに関わってくれてる皆様へリスペクトを込めて。

ニシケケといいます、こんちには。今年のボロフェスタが初めての新人です。

一つでも多くのボロの景色を見させていただき、また私自身もがそのボロの光景を一つでも作り出せれるように。一生懸命に精進して参ります!ULTRA CUBとMoccobond、頑張ります!

 

《カーミ》ボロフェスタ、僕もお客さんとして毎年行ってたけど本当に楽しかった。自分の世界が変わるような出逢いがあった。どの日も絶対後悔しない1日になると思います。

28日の街の底STAGE底でULTRA CUBのすべてを鳴らします。目撃しにきてくれ!待ってます!

 

 

全六回にわたるブログ記事、本当にありがとうございました。

このブログを通して、ホストバンド全員の気持ちの向かい方が大きく変わったと思います。

Moccobondは27日16:00より街の底STAGE

ULTRA CUBは28日13:05より街の底STAGE

 

では皆さま ボロフェスタでお会いしましょう!!

 

(文;稲毛僚也)

 

 

 

Moccobond(モッコーボンド)  


ニシケケ(gt.syn.vo)、サトウ(ba.syn.vo)、松川もも子(dr.syn.cho)の3人組。

結成当時からeo Music tryやカミングコーベ、見放題、ミナミホイールなどの大きなイベントに出演、初の全国流通盤がタワレコメンに選出されるなど各方面で評価されてきた。

2016年6月にkeyの脱退をキッカケに新しい音楽を確立するために一念発起。生演奏主体の音楽からメンバー全員が電子楽器を新たに自分のパートに加えて、2017年は会場限定でUSBシングルを3ヶ月毎に発表。ゲストにオオルタイチtoddleなどを招き毎回レコ発を行い、
ついに同年12月1年間の取り組みがニューウェーブかつエレクトロなサウンドを確立した。
今までの楽曲の良さに加え、大胆にエレクトロサウンドを取り入れたサウンドで精力的に活動を行なっている。

 

f:id:ultramocco:20180918184730j:plain

 

oficial site http://moccobond.com/

twitter Moccobond (@Mocobonchan) | Twitter

instagram Moccobond (@moccobond) • Instagram photos and videos

 

 

 

ULTRA CUB

f:id:ultramocco:20180918185000j:plain

ULTRA CUB from KYOTO, JAPAN.

ULTRA CUB oficial twitter

https://twitter.com/ultra_cub

 

 

 

TICKET | [ボロフェスタ公式ウェブ | BOROFESTA2018 Official Web]